タイトル

鬼の棲む町でも優しさの連鎖

2020年06月24日

 

朝から東京と愛媛のリモート会議を一つ済ませて

一路、一人車を走らせて鬼北町へ。

鬼北町人権教育協議会総会に出席させていただいた。

オレンジ色のシトラスリボンが!

感涙なのが全員ちゃんと結んでくださって着席されていたこと。

実は、鬼北町 兵頭町長から直接連絡を頂きまして。

(20年来のお付き合いのある方で、腹から語れる人です)

シトラスリボンのことも詳しく教えてほしいとリクエスト。

こうして久々に皆様にお会いできて心から嬉しいです。

教育委員会入口にもちゃんと掲げてあって感激。

喋り手としてのキモチはもちろん

保護者としての想いも、シトラスリボン発起人一兵卒としても

全員マスク着用だったがいろいろお話させていただき感謝。

そこで何よりのお土産を頂いた。

鬼北町教育委員会が共感し、鬼北町PTA連合会が共感して予算を出し

鬼北町婦人会がシトラスリボンを結び、予算で花火セットを購入し

鬼北町立の児童生徒が手書きのメッセージを作成し

7月末の終業式で全児童生徒にプレゼントし自宅に持ち帰ってもらう。

・・・めちゃくちゃ素敵じゃないですか!!!

既に公民館や保育園にも50か所にもポスターが配布されている。

何か嬉しすぎて涙がちょちょぎれる。

質問タイムで「黄緑色のリボンじゃなくていいですか」と。

かまんかまん。

黄緑色のリボンが広がることではなく

この想いが広がっていくことが本意。何ら問題なしなのです。

教育長さんが「こんな活動を始めてくれてありがとうございます」と。

お礼を言いたいのはこちらのほうです、共感に感謝。

夜即、ネット会議でメンバーと共有!

今度の土曜日は西予市野村でシトラスリボン講習会。

四国中央市でも、伊予水引金封協同組合が活動を広げてくれています。

 

寝静まった子どもたちの横で、根本要さんたちの歌声を堪能しつつ

小学校の広報誌の校正を確認しながら、諸々雑務を。

根本要さん、KANさん、杉山清貴さん、馬場俊英さんが

自分達に出来ることをやっている120分liveも、いやはや脱帽。

「これがだめ」「あれはいかん」ダメだしは聴き飽きました。

ええなぁと思う方へ。思ったら即行動。

あかんかったら即撤退(笑)

それでええやん。ええなぁを積み重ねていく方が性に合ってる。

今日の夕方ニュースには

やのが学生時代から通っている老舗

「北山軒再開」の特集がオンエアされてました。

母ちゃん、父ちゃん、また行くわ。

今日も一日お疲れ様でした!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る