タイトル

音のアルバム

2008年03月06日

昼のラジオ生放送「やのひろみの本気ラジ!」(毎週水木13時35分~16時50分)にて、
学校の校歌を取り上げた特別番組「幸か不幸か校歌について考える」がオンエアされた。
放送開始前、私の目の前にはおびただしい数の校歌の収録された音源と封筒が・・・
それをどんどん紹介しつつ、校歌の歴史やうんちくを語り合っていく。
思い出箱をひっくりかえしたように当時の想いを熱く綴ったお手紙に、胸が熱くなる。
お父ちゃんと娘さんが、同じ学校の、松前中学校の校歌を歌ってくれていたり、
卒業記念で収録した、四部合唱の宇和島私立城南中学校のCDを送ってくれたり、
卒業記念の、松山北高校校歌収録ソノシートを同封してくれたり(なつかしい!)、

学校の風景の絵を描いてくれたり、引っ越しの時に出てきたカセットだったり、
放送にはのせないでほしいけど、聞いて欲しい・・・とTPが届いたり、
行政関係者、役場から弓削小学校などの素材が届いたり、
教育関係者、松山声量高等学校の校長に生電話したり、
(来月から男女共学になるにあたり、「男の子(おのこ)」などの歌詞が出てくる現校歌は
新しくリニューアルされるとのこと)・・・
フリーライター土井中 照 さんと一緒にワイワイいいながら過ごすことが出来た。

(昨年9月に発行された、「愛媛の校歌」土井中照著)
ま~ホント、鮮明に覚えてるもんやね、当時のことって。
校歌を聴いただけで、泉のように思い出がわき出てくる。
学校が、ふるさとが、地域が見えてくるんやね~校歌って。
級友に電話をかけたくなる、そんな校歌特番であった。

topへ戻る