タイトル

戸島ぶりコンテスト

2016年01月10日

 

ぜひ来てほしい!と声をかけてもらって

ぶり好きとしては見届けないわけにはいかん!!!

ってなわけで、やってきました南予文化会館。

CA3H1721

ミシュランガイド一つ星獲得店舗から9名の特別審査員に

県外各所からの魚市場の目利きの方々に

地元宇和島の料理人まで

16名の審査員がひしめく若干独特な緊張感の中

「第一回戸島ぶりコンテスト」が始まった。

160110sugata

戸島は宇和島の沖に浮かぶ島で海流が早く養殖に適した場所。

現在、約60もの職人たちがぶりを養殖しているが

その予選を勝ち進んで本戦にまで駒を進めた9名の作品で争われる。

 

姿に続いて、当日朝〆たぶりがずらり。

160110shinsa

CA3H1724

一般客はもちろん、生産者も固唾をのんで見守る。

中には結構あっという間に得点を付け終わったシェフも。

160110sashimi

 

手作業での超ハイスピードな集計で

結果、生産者の森岡庄一さんが4冠を達成した。

CA3H1726

 

島で一生懸命養殖がんばってるお父ちゃん。

それを支えようと「とじま亭」をオープンさせてお母ちゃん。

彼らの想いがこの一尾に乗っかっていく日を楽しみに待ちたいと思う。

今日いただいたミシュラン星獲得店からの素朴な意見、下処理の仕方などなど

まだまだ伺いたいことはたくさんあるのでぜひ今後の動きにも

注目させていただきたい。

 

さて、帰りに母ちゃんたちが「もっておかえり」とあまりのパック詰めをいただいて帰宅。

CA3H1727

子どもたちを寝かせてから脂がのりまくりの戸島ぶりをば・・・・いうことなし。

脂がとけちゃう。。。う~いっぱいは食べれん。

その後、ちょっと軽くタタキみたいにしてみたりして。

CA3H1728

おいしゅうございました。

 

 

詳細/宇和島元気人プロジェクト

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

舞台音響・イベント制作 有限会社タグプロダクト

戸島ぶりコンテスト への1件のフィードバック

  1. 長渕家の嫁 のコメント:

    ひやぁ〜
    食べたい
    食べたい
    食べたいっ
    ぶり大根とカレーライスだけは
    好評な母ちゃんも

    今年は二男の成人式を迎えました。

    早かった
    いやぁ
    早かった

    30年だよ
    30年…。

    らくさんが
    らくおばちゃんで
    市民会館で
    祝辞を述べられてた
    (^w^)
    ガヤガヤ成人式から
    中学校の校区ごとの
    こじんまりとした成人式へと移ったそうですね。

    仕事や私情で
    参加できない
    子も居ただろうけど
    実は

    友だちの娘ちゃんが
    中学、高校と友人関係でイロイロあって
    成人式には行きたくないと
    言ってるから
    うちは写真だけよ〜
    と元々、明るい
    お母さんから聞き、
    その場は流せたけれど
    家に帰って
    あたしが凹んでしまったよ。

    20歳って
    キラキラ輝いてて
    夢や希望に溢れてて
    ちょっと道が逸れててもいくらでも、やり直せるし選択肢はある世代よね?

    でも彼女は
    ずっと高校時代の友人関係を引きずってて
    式には出たくない…。
    って。

    きらきら輝いてる時に
    成人式に行きたくないって…。
    って考えてしまったよ
    (涙)

    それに
    最近は親も参加してるんよ”(ノ><)ノ

    まさかと思ってたけど、今年は3分の1くらいの保護者が来てたらしい(@_@)

    この分じゃ
    娘の成人式なんか
    保護者が着物着てるん違うんかって笑ったけどね…。

    式の終わる頃に
    写真撮影だけには
    行こうかと思ったけれど、やっぱり
    行けない友だちの話が脳裏をかすめて行けなかったなぁ(涙)

    やのちゃんは
    どう思う?

    あたしたちは
    何の迷いや障がいもなく、当たり前のように成人式を終えて来たけれど、あたしたちの時代にも、たぶん、居たんだろうね、参加したくない子どももね…。

    さて、我が息子は
    9、10、11日と存分に松山を堪能して
    広島に帰りました。

    貧乏生活は必ず
    これからの
    君の肉や力になるからね。体調だけには
    気をつけて頑張って欲しい。

    そう思いながら、港に送って来ましたわ

    20歳を迎えた息子を港に送り、
    50歳を迎える自分を見つめ海を
    ボーッと見てたら
    テレビに
    愛する
    長渕が出てた( ̄∀ ̄)
    なんと言う偶然。
    しばらく
    待合室で観てから
    帰りました。

    兄ちゃんが居て、娘も同居してるけど
    一人居ると居ないとでは、違う。
    でも、でも
    子離れの時期になったんやね。

    この三日間
    いろんな
    ことを
    考えたよ。

    やのちゃん手洗いうがい忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る