タイトル

愛で挑め 南端の地へ

2019年06月08日

 

第8回愛南町いやしの郷トライアスロン大会。

史上最多396人のエントリー、そして355人がスタートラインに立った。

今年は北は北海道、南は九州佐賀まで

18歳から80歳の鉄人たちが参加。

JTUポイント大賞大会・国体愛媛代表選考会やらがついていて

世界で勝負しているようなトライアスリートも。

それをこんな愛南らしい温かい会場が迎えています。

1000人近いボランティア。

全力応援の船越小学校・御荘中学校・南宇和高校の皆さん。

地元愛南の皆さんも沿道で声援を送る地獄破りの坂。

たまらなくキツいはずなのに

51.5キロ完走したアスリートは皆、

楽しかった!また会いに来ます!愛南最高!と口々に。

今年は日本食研トライアスロン部が脅威の強さを見せつけて

スイムから他の追随を許さず男女ともにアベック優勝。

古山大(ふるやま・たいし)選手、田中麻優 選手、凄すぎです!

 

やのは第一回から応援実況としてお手伝いさせていただき

はや8年目になりました。

となると全国から来てくれたトライアスリートが覚えていてくれる

という感激の出来事多数。

中でも最北の北海道から来られた、小田和人さんが

フィニッシュ直後に「ラジオ『とりあえず生!』聴いてます!」と

連呼してくれたことには衝撃。まじか~!まじうれしい。

JTU鈴木さんの解説をいただきながら、

制限時間いっぱい やのも走り切った~

※スンマセン、全然写真撮る時間なかった(汗)

 

そのまま即 選手の皆様とアワードパーティ。

あんな過酷なレースの後、全員めちゃくちゃ元気!

表彰式も大勢が登壇し(↓総合男女1~3位の猛者たち)

60個の怒涛の抽選会も大いに盛り上がり

最後はレースを振り返るムービー上映。

来年は2020年6月13日(土)開催決定!も発表された。

 

アワードパーティ終わりで外国人トライアスリートがやののところに来て

「この大会は最高!応援も温かいし景色はキレイし、

あなたはずっと私たちを応援して喋ってる」って。有難い言葉。

立命館大学トライアスロン部の倉橋開人(はると)選手も声かけてくれて

「今年も一緒に写真とってもらっていいですか!」と。

彼は去年衝撃的な逆転優勝を果たし、今年も驚異の追い上げで2位。

さらに爽やすぎるルックスで

南宇和高校生がきゃ~きゃ~言ってた(笑)

実行委員会の並々ならぬ準備と

現場担当者の汗だくの設営と

何より地元愛南町の皆さんの熱い想いがあってこその大会。

今年もたくさんのドラマをありがとうございました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

愛で挑め 南端の地へ への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    古山、田中がお世話になりました。二人とも10回ぐらいは勝てるよう頑張ります。古山にBlogにも掲載させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る