タイトル

小さな町を全国に世界に発信

2016年08月13日

 

第34回奥地の海のかーにばる。

私の記憶が正しければ、17年ほど毎年お邪魔させていただいている

西予市三瓶町のラテン系の夏まつりで

これに合わせて、帰省してきたり遊びに来たりしてくれる人が

東京・大阪・兵庫・高知・・・海外からも、ベトナム・タイ・ドバイ・アメリカ(テキサス)まで

いや~~~幅広すぎ。毎年マイクを向けながらおののいてしまう。

それほどみんなが楽しみにしている1日だということだ。

そして。

今日のベストショットは文句なく、これ。

160813kami

横浜から来てくれた、中学校1年生の男の子。

私も毎年お邪魔しているが豚の上で観客に手をふる余裕のある子は

初めてだった。(もちろん優勝!)

彼がロディオにチャレンジ直前のインタビューで

「小さいころから毎年見ていて、いつか乗れるようになったら乗りたいと

ずっと思っていた。その憧れのロディオに、念願かなって参加できることを

とてもうれしく思っています!」

・・・こんな風に楽しみにしてくれている人がいたことにこみ上げるものがある。

また、地元の女性の方は、左腕に金の豚のモニュメントを巻き付け

「ここまで三瓶を発信してくれた、ロディオ。尽力いただいたスタッフの皆さんに

そして豚に感謝して、乗らせていただきます」と力強く語ってくれた。

160813yusyo

 

34年前。

この三瓶を全国に発信するようなおまつりに・・・ということで

養豚業が盛んなこの町をPRするために

実際に実行委員長が幼少のころ遊んでいた遊びをそのまま取り入れた。

それが豚のロディオ。

全国各地から注目され、全国ネットでの中継も多数、

芸能人もたびたびロケでおとずれ、時には海外の取材クルーも来た。

160813kokeru

ラストロディオ。

見届けようと思う観客で埋め尽くされた会場。

どうしても最後に乗りたいと集まってきてくれた人たち。

大勢の観客の前で実行委員長が

「この小さな小さな町を全国に世界に発信してくれた。

楽しみにご来場いただけるたくさんの方々がいらっしゃる。

豚に心から感謝したい。

そして最後のロディオ、ぜひみなさんも発信してください」

マイクを持つ手が少し震えている実行委員長の姿に涙が出る。

プロポーズする選手が現れたり、ベトナムから参加してくれた人がいたり

外野からいろいろ賛否両論があるが

この実行委員会の皆さんの故郷を愛する熱いキモチと

この会場の皆さんの何とも言えない熱気は

この会場に来ないと分からいと思うが、まぎれもない事実だ。

ラストは、サプライズで実行委員長がチャレンジ。

惜しみない拍手が巻きおこる中、泣けて泣けて仕方なかった。

・・・来年は新しくて楽しいアトラクションを、またみんなで知恵を絞って考えます、

ぜひまた8月13日は三瓶へ!

 

他にも、人間カーリングも大盛り上がり

160813karingu2 160813karingu

餅まきの餅も豪快にまかれ

160813mochi

大道芸人わくわくブーブは圧巻のショー。

160813bu3 160813bu4

例年以上に暑さがこたえるなか、

ロディオカレーをかきこんで、

160813yano

三瓶4Hクラブの絶品「ニューサマーオレンジ飲むかき氷」に感激し

160813sanma

汗だくで一日マイクを握らせていただいた。

いや~叫んだ。いや~声枯れた。

んでまたいろんな人にお声がけいただいて感謝。

・・・喉のマッサージをしつつ、焼けた肩と腕を冷やしつつ・・・寝る!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

舞台音響・イベント制作 有限会社タグプロダクト

小さな町を全国に世界に発信 への1件のフィードバック

  1. たかしのかあちゃん のコメント:

    豚のロディオが色々言われていたのは覚えていますが続けてほしかったです。無理とはわかっていても…
    実行委員の皆様、豚さんお疲れさまでした。

    最後に乗り続けられる少年で締めくることができたこと万歳\(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る