タイトル

大洲のええモン御膳

2019年07月01日

 

大洲唯一の造り酒屋、100年近い歴史を誇る養老酒造。

1年前の西日本豪雨では蔵は壊滅的被害を負った。

その蔵を家族で復興させて、今年も「風の里」を醸すことが出来ているのは

この人の並々ならぬ想いがあったからに他ならない。

記者発表で「まさかこんな日が来るとは1年前は想像できなかった」

と語る社長を最前列で拝聴していて思わず泣きそうになる。

しかも息子さんが帰ってきてくれて親子で酒づくりを始めたから

この二人が揃っていることだけでうるうるする。

今年初めて仕込んだ酒も。

こうしてチャレンジしていることも味わいたい。

そしてこの「風の里」にあう

大洲ええモンセレクションを使った御膳が誕生するなんて

大和屋本店、粋じゃないか!!!!

全ての皿に大洲産の食材が何かしら使われていて

一口ずつ試食させてもらったが、どれも薄味で素材の味が生きていて

優しくて、酒にあう!

里芋のお宝揚はトマトソースの酸味も効いてて意外な一皿。

しめとうふも、イワシ黒酢南蛮も、アマゴも椎茸も誇らしげ。

デザートの大洲産栗プリンとモンブランのマリアージュは絶妙!

今日から始まった宿泊プラン。

泊まって食べて応援することもできます!ぜひ。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る