タイトル

割烹着で市長と

2019年09月17日

 

朝から一人車を走らせて一路大洲へ。

朝9時の快晴の大洲市如法寺河原、暑〜〜〜〜〜〜〜い!

でもここで、臥龍山荘を眺めながら、鍋を囲むのが

愛媛最古、300年前から続いている「大洲のいもたき」なのです!!!

臥龍山荘、平日ですが大勢の観光客がお越し下さっているのが見える。嬉しいなぁ。

この絶景で、なぜか二宮大洲市長とやの。ゴザの上に二人(笑)

もちろん撮影です(汗)でなければ朝っぱらから不自然すぎるし。

家庭菜園で里芋を育てているという市長、すでに初収穫、初いもたきは終えたとか。

やのは割烹着姿でいもたきを突きつつ、市長へインタビュー(どんな設定?)

日本三大芋煮連絡協議会の取り組みとして

実は来月、大洲のいもたきが 文京区立金富小学校で給食献立として出されます!!

(島根県津和野の芋煮は、文京区立柳町小学校で

山形県中山町の芋棒煮は、文京区立本郷小学校で

それぞれ献立として出される予定。ぬお〜ワクワクしかない!)

子どもたちに、どんなところで愛情込めて育った芋なのか

どんなところで地元に愛されている郷土料理なのか

そんなことも是非是非知ってもらって

「食育」として大洲の風土を感じつつ食べて欲しいなぁと願いつつ。

こうして食べ物が地域と地域を繋いでいく。

素敵です。そしてやのは汗だくです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る