タイトル

中央魂

2013年08月11日

 

第22回愛媛県立松山中央高等学校吹奏楽部

定期演奏会「サウンドトレイン」。

私の同級生(中央4期生)が3年の時に、

保護者でお金を出し合って立ち上がった定期演奏会も

今年で22回目になる。

そして、今年は昨年に引き続き、吹奏楽コンクール県大会ゴールド金賞で

四国大会へ駒を進めることが決まって行う演奏会。

何より生徒たちの自信みなぎる「気」が違う。

CA3H1215

 

私は毎年、会場を温める役目・・・んまぁ賑やかし司会ですな(笑)

生徒たちに突撃インタビューしながらうろうろして喋る。

保護者会の方が「ぜひ」と毎年声をかけていただいて

ハンドボール部出身なんですが(苦笑)・・・有難いことだ。

 

明らかに・・・昨年より前に出てくるサウンド。

88名の部員の心が一つになって、びし~~~っと揃った演奏。

そして、何よりも彼らの音は世界観を作る。

会場をいろんな色に、いろんな情景にどんどん染めていく。

 

特に、吹コンで審査員満点を叩きだした、「科戸の鵲巣」。

それも納得の、神がかり的な演奏。袖から息を呑んで観た。

CA3H1222

 

さらに、この秋CD音源がリリースされる「太平洋の架け橋」!

これは唸る。相当凄い。鳥肌もの。

東京の作曲家の方から依頼があり

4月に松山中央高校の音楽室で録音されたんだそうな。

そんなオファーがあるほどのレベルまで中央はきている、ってことだ。

 

ここまでくるには、彼らの並々ならぬ日々の鍛錬の積み重ねと

「山の頂」に向かって皆が足並み揃えて歩いていること、

そして、何より 喜怒哀楽を正直にぶつけあえる仲間の存在が大きい。

今全力であればあるほど、卒業してから学校をずっと好きでいられる、と思う。

 

さらに、毎年恒例の3年生へのセレモニー・・・

CA3H1224

こうやって集まってくれるお客さんも、心から支えてくれる家族も

社会人になっても、定演には帰ってきて裏方として応援してくれる先輩方も

誰一人として欠けては成立しないもの。

それをあたり前に思わずに、

感謝の気持ちで前進できていることに、中央の強みがある。

 

終盤は観客も一体に!

CA3H1226

 

そしてコンサートの締めくくりは・・・校歌。

 

実は、毎年、この中央高校の校歌を作ったT先生が舞台監督なんやけど

今年も最後に全員が大きな声で合唱した、T先生がつくった校歌。

CA3H1233

卒業して20年経っても口ずさめるのは、中央生だった特権!

肩を組んで熱唱する学生を見て、

舞台袖で「先生やっぱこの校歌、ええですね!」と振り返ると・・・

 

先生!なんとまさかの号泣!!!

 

「校歌、聴いてこんなに泣けた演奏会は初めて」と

眩しい高校生たちの舞台袖で、ぼろぼろ泣いている先生も

心から吹奏楽部を応援してるし、中央高校は特別なんやないかな~と

こっちまで涙がでる。

(学生の時は、出来の悪い生徒ですんません。。。とも思うが(汗))

 

心を揺さぶられ、温かい空気に包まれた、サウンドトレインだった。

さて!8月末は四国大会。

ゴールド金賞を目指している、今この瞬間のことが

間違いなく今後の人生の糧となる。

 

 

にほんブログ村 地域生活ブログ 愛媛情報へ

中央魂 への3件のフィードバック

  1. ドラえもん@うわうわ~! のコメント:

    ひろみちゃんお疲れ様でした!

    愛媛県コンクール、サウンドトレインコンサート・・・中央高校の演奏聴きたかった~っ(><; 土居先生もお元気そうですね。。。

    来年こそは! ひろみちゃん司会の「サウンドトレイン」聴きにいくぞ!

  2. どいどい のコメント:

    こんばんは。今回も、見事な司会で演奏会を盛り上げていただいて、心から感謝しています。本当にありがとうございます。

    日本のてっぺん目指して頑張っている後輩たちを、今後ともどうぞよろしくお願いします。

  3. 中央高校吹奏楽部 保護者会より のコメント:

    サウンドトレインの司会ありがとうございました。
    子供達の魅力が引き出されとても楽しいコンサ-トになりました。

    当日2013止揚Tシャツも着て頂き感激しております。
    思い出深い一日となりました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る