タイトル

センバツ!全国高校生即吟俳句選手権

2020年08月09日

 

朝から夕方までずっと事務所から一歩も出ずパソコンに向かって

第23回俳句甲子園の台本を作成しながら

両耳にイヤホン突っ込んで裏方の裏方として見守ったのが

「センバツ!全国高校生即吟俳句選手権」

今年は俳都松山に、全国の高校生たちが集結することが叶わない。

(が、ライブ配信で結果発表・表彰式・エキシビションやります!)

で、高校生たちに何か別の舞台が用意できないかと

現代俳句協会青年部の俳句甲子園OBOGが中心となって

完全リモートの即吟大会を実現させた。

実に31校110名が参加したこの大会、

ライブでお題が出されて作句する、まさに即吟。

朝から、現代俳句協会青年部長 神野紗希ちゃんはウチの事務所に

缶詰状態で。

そして、第13回俳句甲子園出場の、ウチの寺岡凜は

事務所スタジオに籠り、本選の司会をお手伝いさせていただいた。

朝9時から高校生たちは、重鎮がサプライズ登場して兼題を出す

という、ある意味贅沢な使い方(笑)をしてる動画配信ごとに

3作品を作り、本選勝ち抜けを競う。

そして上位10名が赤白に分かれて対決し、頂点を競うという

ガチンコ勝負の準決勝、決勝。

どんな句とぶち当たるかも勝敗を大きく左右するのだ。

優勝したのは、青森県県立弘前高校 西野結子さんのこの句が

5人勝ち抜きで見事に頂点に輝いた。

 

顧問からアロハの柄の葉書くる  西野結子

 

決勝戦のこの句も好きだったな~

八朔や空のあをさに塗る葉書  星野高校 野城知里

 

八朔のツンとした香りが空をぬる手からも匂ってきそうな

鼻腔を刺激する一句。

彼女は、これを即吟で最速で提出しているから、高校生恐るべし。

 

とにかく沢山のスタッフの想いが、高校生に届いてくれていたら嬉しい。

若いチカラの凄さ、みずみずしさ、しなやかさを痛感。

皆様お疲れ様でした!

そして8月23日(日)はキモチはみんな俳都松山へ。

第23回俳句甲子園は、史上初の方法で開催します。

 

お疲れの一杯は至福。近所にこんなお店があってくれるだけで幸せ。

今日も一日お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

センバツ!全国高校生即吟俳句選手権 への1件のフィードバック

  1. 理酔 のコメント:

    やのひろみ様
    ワタクシには全く分からないのですが、「アロハ柄の葉書」はアロハシャツと言う季語を詠んでいるのではありませんよね。
    また「葉書」も暑中見舞いや残暑見舞いを連想させますが、そうとは読めない。
    この一句が無季の句として審査員の方々に読まれ鑑賞された結果、最優秀と選出されたのならば、拍手を送りますが、果たしてどうだったのか…疑問がつきません。
    この件に絡んだ方のお話を伺いたいと考えております。
    理酔拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る