タイトル

救われる

2015年10月05日

 

月曜日の始まりも映像編集からスタート。

んでもって月曜日は、らくやのぉ!月に一度の公開生。

・・・実は先日、南海放送開局記念の日、

らくやのぉ!は局から感謝状をいただいた。

151005rakuyano

 

全員フリーランスという立場で働いている「チームらくやのぉ!」

毎日が就職活動!と肝に銘じて仕事をさせていただいているが

700回突破という積み重ねを誉めていただいたことは有りがたい。

この継続の事実に感謝をし

それは過去のこととしてまた今日も「就職活動」という初心の気持ちで。

 

こんな地方祭に突入しているというのに

CA3H1649

銀天街のLスタには、上がりにくい細い階段を上がって

初めて覗いてくださった方が何組も。

海外からお嫁に来られた方や、10ヶ月のお子さんを連れたパパもいて

「どんなところでどんなリスナーさんと放送してるんか、観てみたくて」と

足を運んでくださることがありがたいし

この場所がリスナー同士を繋いでいる、ひとつの拠点でもある。

ぎんこい市場の向井店長は、こんなハロウィン?コスプレで爆笑!

CA3H1647

キリンビールからは来年、なんと!愛媛の一番搾りが誕生するらしい!

CA3H1648

そして、ネ対決!は第5代ケツ大王 の やっつけ仕事人がっ

CA3H1650

今日65歳の誕生日を迎えた「ネンキン」さんは

わざわざ八幡浜からJR出来てくれた。

この一回一回をまた積み重ねていければと。。。

 

で、実は今日、私はバッグに包丁を偲ばせていた(キャ~~~!!)

というのも、帰りに公民館に立ち寄って野菜を切るのを手伝うため。

放送終了後、大急ぎで向かうも、タッチの差で作業は終了していて

帰宅したら、山盛りの野菜たちが届けられていた(笑)

CA3H1651

愛護班の役員で手分けして、おまつりの時にみんなが食べる

カレーを仕込もうというモノ。

私のような仕事がある人間は、夜に家で仕込んで

それを公民館に持ち込む、ということになったのだ。

 

家にある一番大きな鍋で2つ、同時にスタート。

CA3H1652

実は今日、仕事で落ち込むことがあってどっと凹んでいた。

自分はまだまだ観る目が磨かれてないし修行が足らんなと、

つくづく悲しいキモチになっていたのだが

無心になって鍋の野菜を大きなしゃもじで炒める。炒める。炒める。

CA3H1653

無心で向き合ってると、全てが柔らかくほぐれてひとつになってくる。

・・・2つの鍋とガッツリ向き合うこと45分。

CA3H1654

日が変わる頃、なんとか仕込みが完了した。

・・・と同時に何だか落ち着いてきた。

そうや、なるようになる。なるようにしかならん。

変に疑ってかかるより、とことん信じて走り抜けよう!

今夜ばかりはこの大量のカレーに救われた夜。

 

qr

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

舞台音響・イベント制作 有限会社タグプロダクト

救われる への1件のフィードバック

  1. 西条のさんぱつ屋 のコメント:

    お疲れ様でした。自分も来週は60人前くらいのおでんを仕込みます。毎年だんじりと共に訪ねてくれる仲間に食べてもらう為にです。
    そしてプランター当選ありがとうございました。何かと愛花さんとはご縁?があるようで(^O^)。これからだとチューリップなんか良いかもしれませんね。それかこの夏採れたバキラの種を蒔いてみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る