タイトル

つながレタ―

2015年03月08日

 

プロジェクトが始動したのは昨年秋。

「がんばろうニッポン!えひめからつながレタースペシャル」。

3時間生放送が無事に終了した。

 

昨日は愛媛新聞にも大きく取りあげていただき(感謝)

150308enp

 

本番前にスタジオに入ってギリギリまで準備。

そして、いざ本番。

この人なら、素人にもわかりやすく、理詰めじゃない話を

してもらえるんじゃないかなと想って声をかけた大学教授

愛媛大学防災情報研究センター副センター長の

高橋治郎先生が、

こちらが伝えたイメージのまま

でも資料やメモは全て頭に入ってるようで一切の資料なしで

想いを届けてくださって感謝。(やっぱ大学教授はすごいぜ)

CA3H1516

 

被災地の「今の声」を膨大な取材素材から編集したモノが

しっかりとラジオの前のリスナーに届いていれば

これほどありがたいことはない。

150308honban

 

福島からは、取材させていただいた矢口洋子さんから

「生放送の合間にでもどうぞ」と福島銘菓を詰め合わせて送ってくださり

これまたお手紙まで入ってて泣きそうになる。

CA3H1518

 

CA3H1522

 

宮城県南三陸で取材した佐藤さんからは

偶然にもオンエア中にショートメールが。

「愛媛の皆さんにどうぞよろしくお伝えください」。

こんなタイミングで・・・これまた泣きそうになる。

「編んだもんだら」の仕掛け人、足立さんはこのタイミングで岩城島に上陸。

CA3H1521

繋がったご縁がどんどん線となり面となり

4年間つづけてきて200人近くの方に電話を繋がせていただいて

良かったなぁと思う。

 

東北で取材にお邪魔して感じたのは

みんなが、愛媛から来たことをえらく歓迎してくれたこと。

「つらいこともしっかり伝えてほしい」と話をしてくれたこと。

人を支えているのは、人だということ。

そして、みんな前を向いてしっかりと生きていることだった。

我々は、いつ何時起こるかもしれない災害にそなえ

人とのつながり・関わりを大切に、ご縁を沢山繋いでいくべき。

そして被災地の「今」を聴き続けるべき。

そんなことを痛切に感じた3時間だった。

CA3H1517

構想を書いたメモ書きの

ほぼイメージ通りの3時間が描けたかなぁと、ほっと胸をなでおろす。

いや~ギリギリ涙を持ちこたえたぞな。

 

本番後、子どもたちと一週間前から約束していた温泉へ。

もう全身のチカラが抜けて呆然と風呂に入り

ささやかな打ち上げを(って呑んでるのは私ひとりだが)。

CA3H1523

 

帰宅後、子どもたちを寝かせて

こっそり1人、昨日披露宴でいただいた日本酒開明で二次会(こらこら)。

CA3H1524

 

聴いていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

ラジオは、いつも、いつでも

アナタのそばに居て、アナタと繋がっています。

 

にほんブログ村 地域生活ブログ 愛媛情報へ

つながレタ― への1件のフィードバック

  1. 西条のおかん のコメント:

    やのちゃん、お疲れ様でした!
    4年前、次男も福島で被災しました。
    避難した時の下の階の、津波後の写真を見せられた時は、生きてた事が神様のお陰だと思ったほどの、恐ろしい写真でした!
    次男は、富岡町の借家をそもままにして、東京に帰ったけど・・・
    東北に住む皆様は、この4年間、大変な思いをされながら、頑張って来られたんですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る