タイトル

おちゃわん

2017年12月23日

 

ウチの子どもたちは小さいときから(離乳食の時も)

砥部焼のお茶碗を愛用している。

(お食い初めセットが人気の、大西陶芸のもの)

名前入りのお茶碗で

毎日それを見て自分の名前の漢字を覚えた。

成長と共に茶碗は大きくなったが

その茶碗を先日母ちゃんが洗い物途中に割ってしまった。

んで。

約束の、お茶碗新調!!!

大西陶芸にて、日常使いで少し安くなっているものから

彼女が選んだのはこれ。・・・青がええんですと。

するとすかさず兄ちゃんが「僕も少し大きいお茶碗がほしい」と

選んだのがこちら。

イッチンの茶碗が気に入るとは・・・おぬし、なかなかやるな。

 

砥部焼は愛媛の焼き物。

離乳食の時も、プラスチックも便利だが

こうして陶器の茶碗にいれると何よりご飯がおいしそう。

んで手を滑らせて割ったとしても

「焼き物はそういうもの。だから大事に使わないと」と思える。

またご飯の時間が楽しみになるね。

 

夕方からはバスに乗って。

昔きもの倶楽部恵さんご一家と忘年会!

子どもたち同士もだんだん仲良くなって、楽しい夜でございました。

 

おちゃわん への1件のフィードバック

  1. AK砲の母 のコメント:

    やのちゃん
    とてもタイムリーなお話なので
    ちょいとひとこと。

    うちの子、26歳と24歳。
    今更やけど、私、後悔してたところ。

    今時はコップも強化ガラスで割れにくい。割れて怪我させたらいけないからと思って、そんなコップを使ってたん。
    でもそれって割れることや割れた後始末を教えられないって事。

    昔、母は私たちが割ってしまったら
    割れた物のことより私たちのことを心配し、離れさせ、始末してくれた。
    物を大切に扱うことも、そうして学んだんよね。

    あ、ひとことにならんかった(^_^;)

    さすがやのちゃんやなぁと思ったので…
    お邪魔しました〜m(u_u)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

topへ戻る