2008年02月09日

松山市溝辺にある「酒仙栄光(栄光酒造)」。
杜氏さんは、この蔵内に家を構え、365日24時間、酒と寝起きを共にするほど。
スタッフみんな朗らかな人たちで、何度も蔵へ遊びに行ったこともある。
もちろん酒はどれも旨いもん揃い。
昨今の梅酒ブームで、きっとお馴染みだろう「酒蔵の梅酒」を造っているのもここ。
そんな栄光酒造から、数年前発売され、全国から注文が殺到している逸品といえば、
「七折小梅梅酒」。

砥部町の特産の「七折小梅」を、本格米焼酎と、高縄山系の湧ヶ淵の名水で仕込んだ梅酒。
「七折小梅」は、1900年初頭からの栽培で、その品質の高さから「青いダイヤ」と呼ばれている。
その「七折小梅」を100%使用し「媛囃子」の本格米焼酎でじっくりと漬け込んだもの。
もちろん、着色料、香料、酸味料無添加の体にやさしい梅酒である。
梅酒=甘い の常識を覆す、キレと香りを兼ね備えた、ハイレベルな梅酒だ。
大好評につき、一升瓶も新発売!ぜひどうぞ。

1800ml 2,940円(税込)  720ml 1,680円(税込)  300ml 735円(税込)
酒仙栄光 栄光酒造
〒790-0101 愛媛県松山市溝辺町甲443
TEL:0899-77-0964
FAX:0899-77-5413
HP→ http://eiko.shop-pro.jp/


カテゴリー: 美味礼賛 | 2件のコメント
topへ戻る

2008年02月08日

お会いしました、南野やじさんに。

お経漫談という異色の芸風を持つ男。
エンタの神様とかにちょこちょこ出てた男。
R-1グランプリに二度決勝進出を決めた男。
木魚を叩き続ける男。
吉本を辞めて、全国各地でライブをやっている男。
そんな南野やじさんが愛媛にやってきた!
2月3日を皮切りに、西条・道後・松山と愛媛巡礼のライブツアー、今日が最終日である。
頑張れ、南野やじさん。


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年02月08日

我が子の最近の新しい友達は、かえるの「けろちゃん」。
腕とか足とかをガリガリかじって「痛い痛い!」っていうと、えらい笑います。

我が子の最近の離乳食は、こんな感じ。

さつまいもは潰しながら。ニンジンは大好物です。
で、意外としぶいもんも好きです。例えば白子干しとか(写真奥)、結構食べます。
つまみかいっ おっさんかいっ まぁ母ちゃんが好きやから、やはり遺伝でしょうか。
我が子の最近の米は、かなり旨いっす。

つい、最近までは、知人の父ちゃん「えっちゃん」が造るもちもちの米。
精米したてで、水分をようけ含んでて、お水少なめで炊きあげて堪能した。
そして、現在は写真のこしひかり。
久万高原町で米作歴40年のお方で、農薬を極力使わずに造ってる逸品だ。
田植えの頃は、田んぼにどじょうが居るらしい。
全国にこの米のファンがいて、
もう何十年も前から直接消費者と取引している、完全受注性。
ぬあんと、今年は、食味検査では90点をマーク。
ちなみに新潟魚沼産コシヒカリで88点くらいなんですと。
こんな旨いお米をお裾分けいただいて、子どもも大人もありがたく食している。
子どものおかゆはもちろん米から。水分にねばりがかなりあり、甘みも強い。
また今日も、手間暇かけて育てた「命」を、いただきます。


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年02月07日

月に一度、ゴミ拾いをしながらひたすら生放送っていう企画「GO-MIX!」ってのを
6年ほどやっている。
確か、先月の「GO-MIX!」の放送内で、
「あ~、火ばさみは普通の銀色のやつです」と言ったが、そんな記憶はもう忘却の彼方。
今日、私宛に届いた荷物の中には、赤やピンクなど可愛らしい火ばさみが
各々梱包して丁寧に並べられていた。
荷物を受け取った時、間違いなくアルトリコーダーや!と想ったくらい、
とてもキレイに並べられていた。
中を取りだしてみると、こんな素敵なオリジナル火ばさみがっ


カッティングシートでキレイにデコレーションされ、ネイムタグまで付いた代物!!!
「やのちゃんが、先月の放送で『普通の銀のやつです』と
かなりテンション低めに言っていたのが気になって作ってみました」と
手紙には綴ってあった。
なんと!器用なリスナーさんじゃ!
ラジオネーム 仮面ライダーVスリャーさん。ありがと~~~~ぅ
次回から早速使うぞ。
でも前回までの銀の火ばさみも、リスナーさんからの差し入れ。こっちも大事に使うぞ。
次回のGO-MIX!は、2月28日(木)でごんす。


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年02月06日

松山市大街道の「ナテュレ」店長、藤山さんに以前頂いていたコレ。

「喉にとてもいいですよ」って言ってもらっていた、プロポリスキャンディ。
でもでも、何と言っても定価が¥500.-なもんで、
もったいなくて、食べられずに居たのだが。。。。
ついにその日がやってきた。
実は、我が子からまたまた風邪を頂いてしまったようなのだ。
昨夜、子どもが寝静まった後、深夜まで仕事してたのがいかんのやろうな~
朝から水鼻がずるずる。喉も痛い。頭痛もするし・・・
授乳中なもんで薬が飲めん。気合いで治すしかないぞ~
義母が体が温まるやろうと、お野菜一杯の水炊きを作ってくれた。
ホントありがとうございますっっ!
わしゃわしゃ食べた。特に水菜は馬並みに食べた。
そして、プロポリスキャンディを舐めた。甘ったるく無く、効いてる気がする。
プロポリスは、植物にある抗菌物質で、蜂がせっせと集めてきてくれたんだと。
ありがたや~ありがたや~
喉が乾燥せんように、いつものように濡れタオルを吊って、寝ることにする。
はやくよくなれよくなれ。


カテゴリー: つれづれ日記 | 4件のコメント
topへ戻る

2008年02月06日

出産後、生後25日の我が子を自宅の義母に預け、

記念すべき現場復帰第一弾のイベント参加が、この西条市民吹奏楽団のコンサートだった。

かなり不安定で痛いおっぱいを押さえつつ、

しかもマイクを握るのが2ヶ月ぶりくらいなもんで、何だか妙にブランクを感じていた。

そんな不安な私をとてもとても温かく迎えてくれたのが、西条市民吹奏楽団の皆様だった。

あれから、もう半年が経つんですね。早いなぁ~

そんな西条市民吹奏楽団の定期公演を応援するべく、またまたはせ参じますぞ~~~

(しつこいと言われそうじゃが気にしない気にしない!)

(楽団HPより・・・HP→ http://sayuchan.cool.ne.jp/sss/ )


西条市民吹奏楽団 第16回定期演奏会

2008年2月11日(祝) 西条総合文化会館大ホール

開場PM1:30 開演PM2:00 司会やのひろみ・入場無料

入場整理券がありますので、詳細はお気軽に団長までお問い合わせくだされ。

(高畑さん*090-3461-7570)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 出演情報 | 西条市民吹奏楽団定期公演 はコメントを受け付けていません。
topへ戻る

2008年02月05日

icon_151みかん王国えひめ。
年始には、帰省客や観光客にPRしようと、
松山空港に「蛇口をひねったら蜜柑ジュース」がお目見え、
全国ニュースにもなり話題となった。
先月末には、第三十回愛媛みかんまつりが高島屋でひらかれた。
新品種が続々と研究され、宇和島市吉田には「みかん研究所」もあり、
そこのお方に先日いただいた「甘平(かんぺい)」は、
ホントに平べったくて、皮がやわらかくて、甘い蜜柑だ。

(これはまだ市場にはほとんど出回ってない品種だそう)

名前を忘れないように、と、いただいた際にボールペンで走り書き
柑橘農家が自家製みかんジュースを発売していることも多く、
こんなおしどり夫婦のみかんジュースも飲ませてもらった。そりゃうまいっしょ。


ところで、今日、宇和島で、柑橘農家の方が一生懸命育てた蜜柑が、木から盗まれるという事件が発生した。
段々畑の蜜柑の木から、手際よくもぎとっていった犯人。
手塩にかけて接ぎ木して、やっと収穫できるようになった蜜柑を・・・だ。
50万円相当の被害だそうだが、どう考えてもダメージはそれ以上である。
何たること。
何たること。
王国のモラルが問われる、なんとも哀しすぎる事件である。
蜜柑の神様が見てる。ずるいことをしたらあとで必ず返ってくる。お天道様は見ていますぞ。


カテゴリー: つれづれ日記 | 3件のコメント
topへ戻る

2008年02月05日

うちの両親は、八幡浜出身で、じゃこ天や蒲鉾のことを「くずし」と呼ぶ。
さらに「じゃこ天」のことは「てんぷら」と呼ぶ。
高校卒業する頃まで、全国共通の言葉だと思とったが、南予特有の呼び名やったんやね。
先日、八幡浜に行った帰り、久々にどうしても食べたいものがあり立ち寄った。
JR八幡浜駅から徒歩1分ほどのところにある、鳥津蒲鉾店。
加工場と店が併設されていて、毎朝二代目が魚市場から買い付けた魚が
すり身となり製品になっている。
つい先日、台湾のそごうにもじゃこ天を売りにいったり、
自分の実験室まで作ってしまったり、
地元八幡浜の落語家、柳家花ん謝を応援する「掲示板」まで作ってしまったり。
とにかく「じゃこ天を世界に!」と志の高いお人なのです!
ここでイチオシなのが、
「これが漁師のくいもんじゃあ」。

強烈な名前やけど、これがこれが。無添加じゃこ天の決定版!グレーのすり身そのまま。
魚の味がしっかりしてるけど、ふわふわ感のある逸品であります。

くずし屋とりづHPもめっちゃかっこよく発信中。http://www.jyako.com/
くずし屋とりづ
〒796-0022 愛媛県八幡浜駅前
TEL 0894-22-2009 FAX 0894-24-6448
愛媛県物産協会加盟/八幡浜市物産協会加盟/全国蒲鉾品評会出展


カテゴリー: 美味礼賛 | 2件のコメント
topへ戻る

2008年02月04日

朝、子どもの離乳食のおかゆの残りと、
昨日、日土ふるさとまつりで頂いた、ばら寿司を食べた。
南予独特のばら寿司はやはり旨い。
酢も控えめな感じがいい。
蒲鉾が沢山入っているのもいい。
削り蒲鉾が錦糸卵のように振りかけられているのもいい。
そして、それをお茶漬けにして食べてみたが、これが結構いける。
あまり熱すぎないお茶を回しかけて、しゃばしゃばと頂いた。
昼。・・・といっても15時30分頃。
昼食の時間をずらして、おっぱいやりに一時帰宅。
残った白米に、またまた昨日、日土ふるさとまつりで頂いたお餅を出してきて、
一口大に切り、焼いて、お茶漬けにして食べた。
あられの香ばしさがいっぺんにやってきた感じで、
旨いのはもちろん、非常に豪華なお茶漬けであ~る。

これまた豪快にしゃばしゃばと喰らう。
お茶漬け。
それは、おまじないのような響きである。


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年02月04日

四国中央市新宮「霧の森菓子工房」ネット販売「茶フェ工房」限定の商品。
昨年夏にオープンした「茶フェ」でゆっくりいただいたりしてみたいな~と思いつつ、
妄想だけは膨らみまくっていた、幻の一品をゲット!!!

(ワインチャーズケーキ¥1,470.-)
早速事務所にて、音響部制作部勢揃いで試食タ~イム。
フランス産のこだわりクリームチーズに、
神戸ワイン「セレクト・白」、手作り無添加フランボワーズジャムをあわせ、
さらに、「新宮茶」(愛媛新宮産100%・愛媛県特別栽培農産物認証・農薬不使用)を
アクセントにしている。

皿やフォークを出したりするまで待ちきれず、お行儀悪くほおばる。

おおお~~~甘ったるいチーズケーキではない。
なめらか過ぎず、あえてざっくりと裏ごしというか、舌の上に適度な抵抗感があり、
チーズの存在を主張している。ほどよい酸味もあるのでとても食べやすい。
そしてそのチーズの存在感を引き立てているのが、手作りジャムの甘みと、
下地になってる新宮茶の苦み。
相当練られてる一品じゃ。
なんならウチの事務所の若手スタッフ(20代後半・独身)は、
「僕が今まで食べたチーズケーキ史上、最高の旨さ」と評していた。
あなたも是非おためしあれ。
詳しくは、「霧の森茶フェ工房」まで。
→http://www.kirinomori.co.jp/shop/index.html


カテゴリー: 美味礼賛 | ワインチャーズケーキ はコメントを受け付けていません。
topへ戻る