2008年02月03日

私のHPでも何度も紹介させてもらっている、旨いパンやさんのひとつ。
松山市来住町にある、「パンステージ MERRY」。
社長のジローさん(わたしゃいつもこう呼んでいるけど、本名はジローではないんです)とは
15年来のお友達である。
「おんめ~、ひさしぶりやのぉ~」と元気に声をかけてくれる。
口は悪いがめちゃくちゃ優しいお方。パンももちろん、どれも旨い。
今日、お昼すぎに通りかかったので、久しぶりに・・・と思い立ち寄ったら、
これまたいつもの大盛況。
パンやさんに入って、トングを持って身動き出来んくらいひしめいてる店は、ここくらいか。
しかも、どんどん売れるんで、どんどん焼く、だからいつも焼きたてパンが多い。
工場と店舗がフルオープンの作りもいい。ジローさんらしいなぁ。
ラウンド食パンはここの看板商品のひとつで、予約でほぼ一杯。
焼き上がりを待ってるお客さんも多くて、ほとんど店頭に並ばないほどの人気。
耳までふわふわで、パン好きにはたまらない一品。一人で一本食べきれるほどの旨さだ。
手作りカレーがぎっしりのカレーパンや、パンやさんのピザ(生地が抜群に旨い)、
ミルキーフランスなどなど、いろいろ買ってレジに向かおうとすると・・・
?????なんじゃこりゃ。
パンやなのに、鬼の面と節分の豆。
そして、ぬあんと、パンの恵方巻き!!!!!

ジローさんもオモロイ人じゃ。
2月3日までの限定販売だそうなので、ノーマル巻きずしが苦手なかた、飽きた方、是非どうぞ。
パンステージ MERRY
松山市来住町1373-1
電話 089-970-4824
営業時間 6時30分~19時
定休日 月曜
席数 8席
駐車場 9台
URL http://www.panstage-merry.jp/index.html


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年02月02日

ここ1ヶ月ほど、ハンドボールの話題がワイドショーやニュース、スポーツ新聞などを飾った。
しかもカラーで写真つきだったりして・・・。
話題の理由が何であれ、ハンドボールがこれだけ取り上げられ、
試合をゴールデンタイムに生放送で・・・なんてことは今までに記憶がない。
テンションがあがった。
なぜならば、この私、松山中央高校4期生、ハンドボール部女子。

(真ん中でシュート打ってる赤パンが私。卒業アルバムより)
レフトのフローターでプレイしていた。
両膝前十字靱帯・左膝内則靱帯・半月板などを痛めたりもしたが、楽しかった。
だから、この一連の流れはめちゃくちゃ嬉しかったし、
北京五輪アジア代表をかけ、1月29、30の両日に韓国代表とやりなおし予選の試合は
男女ともビデオに撮って、一人夜中に観戦した。
女子は出だしのミスも響き、力の差を痛感した試合だったが、
男子は負けはしたものの、非常に見応えのある、白熱した試合だった。
昨日の夕方、TBSラジオの情報番組「荒川強啓ディキャッチ!」が、
ハンドボール人気が定着するか、番組内で電話投票(テレゴング)を実施した。
約9分間のアンケートで1923人が投票し、うち1249票(65%)が「思わない」と回答した。
「定着する」と答えたのは674票(35%)だった。
男子はエースの宮崎大輔選手らが活躍。
女子もサッカー日本代表の巻誠一郎選手の妹・加理奈さんが
初めて日本代表に選出されるなど話題を集めた。
女子は3月、男子は5~6月に世界最終予選もある。まだまだどうなるか分からない。
スピード感と気迫溢れるプレイは、何とも面白い。
攻守が一瞬にして入れ替わったり、
反則や選手交代などでプレイが中断されることがほとんど無かったり、
体正面からのディフェンスで、攻撃に転じることが出来たり、
速攻攻撃があったり、
シュートで飛び上がったときの空中での滞空時間が長かったり、
とにかくこれを機にハンドボールをメディアでもどんどん取り上げてほしいものだ。
忘れないで、ハンドボール。頑張れ、ハンドボール。
ハンドボール部出身の私は、心からエールを送る。


カテゴリー: つれづれ日記 | 2件のコメント
topへ戻る

2008年02月01日

四国中央市新宮町の新宮茶。
ゴールデンドロップ(最後の一滴)まで抽出し、上質のお茶を楽しめるお茶である。
新宮に昨年夏にオープンした「桐の森茶フェ」も大人気!
そんな、新宮茶を使った生チョコがコレ!

「新宮茶 生チョコレート 煎茶」。「新宮茶 生チョコレート ほうじ茶」。(12個入り各々¥1,050-)

煎茶のほうは、まずお茶の苦みと深みがきて、それをホワイトチョコが追いかけてくる感じ。
ほうじ茶のほうは、まるで黒糖のような香ばしさが口いっぱいに広がる、かなり意外な味。
これはびっくりじゃ!

数量限定販売で、新宮の本店では、バレンタインデー限定で、両方の味が楽しめるセットも販売予定。
ほしい方は予約が確実です!
霧の森菓子工房
本店/四国中央市新宮町(0896-72-3111)*10:00〜17:00(月曜定休)
松山店/松山市 ロープゥエー街 (089-934-5567)*10:00〜19:00(火曜定休)
もうひとつ新作があるってことで、いただいてますが、明日食べる予定。詳細は後日公開!


カテゴリー: 美味礼賛 | 4件のコメント
topへ戻る

2008年02月01日

バレンタインデー直前、「パティスリー心結」に新スイーツが誕生したってことで、
店まで押しかけた。
赤と白を基調にした、シンプルでカワイイお店だ。

天使のうふっロールは一番人気!とにかくあっさり、サラサラしてるロールケーキ。
生クリームは絶品!極力甘さをおさえて、フワフワに仕上がったるんよね~感動。

そんな中、お目当ての商品を発見じゃ~~

「珈琲まめショコラ」。
焙煎したての厳選豆を、チョコレートで何層にもコーティング。かなり手間がかかるそうな。
・・・一口いただく。

かりっと気持ちいいくらい音がして、珈琲豆が割れ・・・う、うお~~これは凄い!
珈琲豆の香りが、完全にチョコで閉じこめられてたんや。めちゃめちゃうまい。
まず豆の苦みと香ばしさがきて、それにしっかりチョコが寄り添ってて絶妙なバランス。
限定ですので予約が確実。
ちなみに、豆は、松山市鷹子の「しゃん珈琲」のものです。私も良く珈琲豆買うところっす。
パティスリー心結(みゆう)
東温市野田 国道11号沿い フジグラン重信を左に見ながら、過ぎてすぐの信号を左折してすぐ。
営業時間*9:30~20:00(定休火曜日)
電話*089-964-5540


カテゴリー: 美味礼賛 | 2件のコメント
topへ戻る

2008年01月31日

何度も仕事でご一緒させていただいた音楽人が、若くして逝ってしまった。
火曜日の朝、訃報を聞いて、あまりにも突然のことで言葉にならんかった。
新聞でちらっと読んで、まさかね。。。と思っていた。
交通事故死。まだ29歳という若さだった。
とても優しい太鼓を叩く人だった。
とても笑顔の素敵な人だった。
とても穏やかな空気をつくることのできる人だった。
みんなから愛され、信頼されている人だった。

告別式。多数の音楽仲間たちも参列、もうかなりぎゅうぎゅう詰めの会場。
みんなが彼との別れを惜しみ、集まってきているのがよく分かる。
葬儀に参列した私は、あの言葉を思い出していた。
「毎日が遺言である」
数年前、やはり交通事故で他界された方の告別式で、
息子さん(喪主)が、挨拶でおっしゃっていた言葉だ。
「人間いつ逝くか分からない。だから毎日が遺言である。私が母と最後に会ったとき、
母は笑っていた。あれが彼女の遺言だと思う」と。
焼香の際に、彼の満面の笑みをたたえた写真の前に立った。
彼の最後は、笑顔だったろうか。
天国でもひょうひょうと楽器を打ち鳴らしているだろうか。
心よりご冥福を祈ります。合掌


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年01月30日

某会社の新年会のタイトルです(汗)
確かにそうなんやけど、大変お世話になっている方々なので出席。
出席者も何かプレゼントを持ち寄っての新年会だったのだが、
ビンゴ大会の景品がめちゃくちゃ良くて(自転車とか、ホテルスイートルーム宿泊券とか)びっくり。
そんな中、ウチの事務所からは、
栄養ドリンク2箱と、おっぱい型でさわると女のあえぎ声が聞こえるおもちゃを
「元気がでるセット」として進呈。ギャグに走りすぎていたのでは?と反省しきり(汗)
ちなみに私は、楽器音響○エスト賞として、ブルースハープをゲット!
なんと世界的楽器メーカー、ホーナー(HOHNER)社のものではないかい?

ま~マスコミ関係や、会館の方々、音響さんや照明さんなども多数来られていて、
出産などでとんとご無沙汰していた方々にも沢山会え、楽しい時間を過ごした。
くじ引きで決めた、仲良くしてる音響マンの○ダマさんの乾杯や、
これまたお世話になってる照明マンの○ワウチさんの挨拶もとても楽しかったが、

今日はこの人に持ってかれたな~
ビンゴ大会で、高級バスローブとビッグブランデーグラスをゲットした、このお方。

早速袖を通して舞台へ上がってくるあたりがさすがでございました!
みなさま今年もどうぞ宜しくお願い致しますっ


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年01月29日

仕事をやりくりして、授乳のために15分でも30分でも、
出来るだけ一時帰宅するように心がけているが、そんなときに役立つのが・・・
「やっこ屋さんのもちもち玄米シリーズ」。
以前このブログにも書いたが、四国中央市で26年間手作り弁当にこだわっているお店。
楽天などの通販で全国から注文が相次いでいる注目のごはん。
久万高原清流米と西条の水で、絶妙に炊きあげている。
それをレンジでチンして食べるのだ。3分で出来るし、なんといっても旨い。
ちなみに今日のお昼は(といっても午後3時頃だったけど)ひじきごはんでしたっ
で、このやっこ屋さん、弁当もやってまして。
最近食べたのは、その名も「おかん弁当」!!

環境に配慮した紙の容器に、ごはんとおかずがたっぷり。
また弁当の上の紙の「おかん」の顔が、ここの副社長の顔なんやけど、に、似てる!!
この弁当、木曜日限定(前日までに要予約)。
まず彩りがきれい。そしてヘルシー(このボリュームで773キロカロリー)。
栄養バランスもとれてて、メニュー表とおかずの解説付き。ま~とにかくこだわってます。
東温市産黒米、手作りおかず味噌(四国中央市の郷土料理)、四国中央市の七福豚など。

これで、お値段なんと¥600.!!
おなかいっぱい、胸一杯、心も体も喜ぶ弁当でしたわ~~
興味のあるかたは是非にどうぞ。
ちなみにここ、てんぷら油で営業者を走らせたり、かなり面白い取り組みもやってます。
有限会社やっこ屋 0896-58-1627 http://yakkoya.com


カテゴリー: 美味礼賛 | 4件のコメント
topへ戻る

2008年01月28日

とある職場のデスクに立ち寄ったところ、こんなものが転がっていた。
こっちも急いでいたが、思わず二度見。
「・・・・ヅラ????」

・・・ではありませんでした。残念ながら。
女性社員のマフラーなんだそうで。
紛らわしいっちゅうかなんちゅうか。まぁでも確かにここに置き忘れたら取りに来にくいわな。
いろんな人が出入りする場所なんで。
あ~たまげた。
そして、今日の夜のラジオ「らくやのぉ」でもびっくりしたことがっ
方言の話しになり、「やったらやりっぱなし」ってことを、大洲では方言でこういうらしい。
「やんざやりながし」。
あ~たまげた。どえらいやりくさし加減じゃ。相当ぐうたらな感じじゃ。
やんざやりながし。
今日の踊るヒット賞だす。何か差し上げておきます。


カテゴリー: つれづれ日記 | 1件のコメント
topへ戻る

2008年01月27日

まつやま姉妹都市・環境フェア2008。今日もアイテムえひめで喋らせていただきやした。
今日は「おしりかじり虫」がくるってことで、朝からご家族連れが。。。
それも、1歳2歳3歳児くらいを連れた親御さんのなんと多いこと。やるなぁ、おしりかじり虫。
それより、今日もかなり勉強になった。
特に、愛媛県立松山西中等教育学校で生物を教えている、丸尾秀樹先生の話。
彼は昨年夏、グリーンランドに地球温暖化研究研修で、世界60カ国から1万人の研究者の
一人に選ばれたお人。
日本からは6人ほどが参加し、高校教師では丸尾先生が初抜擢。
若くてひょうひょうとした感じの方だが、いろいろ写真も交えて講演していただいた。
ステージが終わってからやっとブースをちゃんと回らせてもらうことができた。
するといろんな知人に会うんやね~お客さんもそうやし、出展者にもそうやし。
で、結局、姉妹都市コート(サクラメント市・フライブルク市・ピョンテク市の特産品の販売)を物色。
フライブルクの地ビールも発見。

いろいろ悩んだが、ラスト3本になっているスパークリングワインを購入。
解禁日の楽しみがまたひとつ増えた。


カテゴリー: つれづれ日記 | 4件のコメント
topへ戻る

2008年01月26日

今日明日の二日間、アイテム愛媛にて、「まつやま姉妹都市・環境フェア2008」が開催。
私は、総合司会として二日間ともお邪魔している。
今日は朝9時40分のオープニングセレモニーからなもんで、8時40分に現場駐車場に集合。
・・・とはいえ、朝起きて、スーツ着て、一応化粧もして、離乳食食べさせて、おっぱいやって、
子どもを預ける日だったので、お通いバッグに母乳パックと育児ノート詰めて、
子どもを送っていって、それから現場へ。。。という感じなもんで、朝5時30分起きですがなぁ。
そんなことはさておき、会場には、アメリカサクラメント市・ドイツフライブルク市・韓国ピョンテク市からの
特産品などがずらり!
ドイツのパンは早々と完売、サクラメントのナッツ類は箱買いする人続出。韓国のキムチもうまいっ
そんな中、ステージでず~っと喋っておりました。
サクラメント市との中継交流やら、レジ袋NO!キャンペーンの報告会、りっくるでの活動報告などなど。
そして最後のコーナーで登場したのが、こんな美女です~

一番左の方が、ドイツ フライブルク市からやってきた、「ワインクイーン」アンドレア様!!!
そして、右の方は、通訳のレイナ様!!!旦那さまが日本人で、結婚を機に「麗菜」に。
かっちょえ~~~っ
そして、打合せでは横顔も間近で拝見、鼻たか~~~~っ
2人とも、女性雑誌の一面広告の化粧品広告に出てきそうな彫りの深さ。
3ショットは、同じ人間とは思えんような事態じゃ(汗)
「ワインクイーン」になるには、かなり難しいらしく、
18歳以上の独身女性で、醸造所かそれに近い職種、または専門学校にて勉強して、
ワインの知識が豊富で、プレゼンテーション能力も問われるらしい。
彼女も醸造所にお勤めで、品質管理のために毎日飲んでるんだとか。
ブドウのことやワインのこともいろいろ教えてくださいましたっ
良さげなワインも見つけたが、何せ禁酒生活中、瓶を眺めるだけっていうのは酷なので、
涙を飲んで撤退です(涙)
催事は明日まで。もしよければアイテム愛媛で会いましょ~
ちなみに明日も「ワインクイーン」アンドレア様はいらっしゃいますぞ。


カテゴリー: つれづれ日記 | 3件のコメント
topへ戻る