タイトル

がんばレター

2011年03月24日

今日から始めた、細く長く続けたいな~と思っているコーナー

「がんばろうニッポン!えひめから がんばレター」

毎週木曜日の15時台に、被災地と生電話を繋ぎ、生の声を聞こう!というもの。

復興には長い時間がかかるだろう、

私たちはこのことを忘れず、継続して応援支援し続け

共に頑張っていこうと、胸に刻み続けよう。そして行動しよう。

今日は、愛媛県社会福祉協議会の萩森さん に生電話。

彼とは、1年半前、全国ボランティアフェスティバル(愛媛開催)を実施した際の

実行委員会のメンバー同士で、

その時からホントに静かに熱い男だな~と、尊敬してたが、

今回は県社協のメンバーとして、災害支援の立場で被災地入り。

宮城県女川にて活動し、今週末一旦帰松する。

彼曰く

「被災地の人々は、自分が考えていたよりとても前向きで
自分らの街を何とか復興しよう!という力に
こちらのほうが元気づけられた。
食料も自分達で少しずつ持ち寄って分けあっていたし、
みんなで助け合って頑張っている」と語ってくれた。

ただ、ガスが無かったり、女川原発の敷地内に避難所があったりして、

火が使えないので、外で炊き出しを行って、それを避難所に持ち込むそうだ。

中には愛媛のNPO法人も活躍しているという。

温かい食事。

それがどれほど貴重で「希望」に溢れているものか。

そして、愛媛の人に被災地から伝えたいこと、として

「応援メッセージがほしい」と語った。

お金も食糧も大事だが、「言葉」もとても力をくれると。

テレビもない、電話で話もできない、ともすると外部との接触がない生活で、

被災された人へはもちろん、支援しているスタッフも時にシンドイときがある。

そんな時に、みんなの応援があるんだ~と思うと頑張れます。。。とのこと。

それならば!

愛媛から「チームやの」から、このコーナーから

被災地へ応援メッセージを送り続けようではないか!!!

被災地の方へ、支援しているボランティアの方へ

どうかあなたから応援のメッセージを下さい。

「ずっとみているよ、一緒に支え合って行こう、がんばろう」ってことを

あなたの想いを下さい。

番組でまとめて、定期的に愛媛県社会福祉協議会を通じて被災地へ持込みます。

メール・ファックス・手紙・ハガキなどでどうぞ。

(メールアドレス・住所などの個人情報は削除して送ります)

出来れば、ぬくもりのある手書きのものが多いと嬉しいですが

メールででも全く問題ありません。

今すぐでなくても、じっくり書いていただいても構いませんので

どんどんお寄せ下さい。
maji@rnb.co.jp
FAX / 089-915-8888
790-8510 南海放送「やのひろみの本気ラジ」がんばろうニッポン 係

折角なんで応援メッセージに名前を付けよう!ってことで

「がんばレター」と名づけようと思っているが、

まだちょっと悩んでいるので、

何かナイスなネーミングがあれば、ご意見くださいませ。

にほんブログ村 地域生活ブログ 愛媛情報へ

がんばレター への3件のフィードバック

  1. みみ のコメント:

    今晩は。やのさんは伊方プルサーマルのCMされたりして、県民に原発プルサーマルを推進してきましたが、今はどういう御気持ちですか?政府は一度安全やと言った事を撤回する勇気がなく、どんどん被害が悪化しています。私はやのさんは好きやから何でプルサーマルを推すのかと本当に嫌でした。原発のCMはお金がいいから?理由は色々でしょう。今は如何なのでしょうか。触れたくないかもしれませんが聞かせてほしい。

  2. 松山のサザエさん のコメント:

    愛媛朝日テレビ「ニュースBOXワイド」
    見たよーお疲れ様でしたぁー
    ちろちろっとどころか最後までいてくれて手を振ってくれましたね。
    ちょっと目がおよいでいたような・・・・
    テレビとラジオは違うもんね。大変だよ。
    でもテレビも頑張ってね。応援してます。

  3. みーおばちゃん のコメント:

    今日のマジラジ仕事で 出てたので 見れなくて残念でした。でも、木曜日はいつも見れまね。ガハハと笑う 矢野さんが大好きです。テレビへの進出楽しみにしています。パソコンメール 初めてですが頑張ってみました。

コメントは停止中です。

topへ戻る